風俗体験談

片瀬さえさんとの、風俗プレイ体験談

※今回は2023年3月の体験談です※

ぽちゃPRESS管理人です。

今回は、片瀬さえさんに遊んでもらいました。
BBWグループが誇る、最強のテクニシャンです。

利用したお店は、
BBW 札幌店

さえさんが札幌店に期間限定で
出勤してくれるという情報を見て、
遊んでもらうことにしました。

料金は、期間限定の琴吹オプション
(手枷+足枷+アイマスク)をつけて
120分で23000円でした。

片瀬さえさん到着

「片瀬さえでーす、お願いします」
「よろしくお願いします!」

すごくオーラのある人というのが、
さえさんと会った第一印象でした。

まとう雰囲気だけでも、
痴女感にあふれています。

↓↓↓参考動画↓↓↓
風俗体験動画「片瀬」

しかし、実際はすごく気遣いをしてくれる人です。

今回、さえさんには直前になってから
予約の時間をずらしてもらったのですが、、、

「なんか時間ずらしてもらってすいません…」
「いいよ~ゆっくりできたし」
「それにここ来るときに転んじゃって…」
「あ、絆創膏持ってるからあげようか?」

そんな感じで、
いろいろご迷惑をかけつつも
プレイの準備に入ります。

じゃあ、これ書いてね💛

「あ、わかりました!」
「まあ、オプション見た感じドMさんかなと思うけど」

BBWさんではおなじみの
願望記入シートに希望プレイを記入します。

女の子から何と呼ばれたいか書く欄には、「ぼくちゃん」に丸をつける私。

すると、、、

「呼び方はぼくちゃんでいいの~?」
「はい、それでお願いします…」
「ふふ、いいよ~ぼくちゃん💛」
「ひぁぁぁ……!」

さえさんは、後ろから
私の乳首をいじってきます。

そんな感じで責められながらも
チェックシートを書き終える私。

その後はお風呂に入って、
いよいよプレイのスタートです。

片瀬さえさんとのプレイ~1回戦~

さえさんの全身リップ

んふふ、気持ちよさそうだね💛

プレイが始まると、
全身リップで責めてくるさえさん。

私に覆いかぶさったさえさんが、
全身を舐めまわしてきます。

「じゅるるるるっ……」
「うぐ……ひぁぁぁぁ……」
「んー、乳首気持ちいいの?」

この舌技が、とにかく気持ちいいです。

特に乳首を重点的に責められて、
彼女の舌がにゅるにゅると這うたびに
私はびくんと体を震わせます。

さらには、乳首の毛を触られて……

あ、乳首に毛が生えてる~!

「これ、よくドSな子に抜かれてるんですよ…」
「じゃああたしも抜いちゃおうっと!」
「うあああっ! 痛い…!」

「あ、いたた……」
「どんどん抜いちゃうよ💛」
「やめて! あぁぁぁっ……!」

毛を抜かれたり、全身を舐められたり。
彼女の下に敷かれた私は、なすがままです。

私が暴れてもお構いなしで、
彼女は私を押しつぶしながら
全身を舐めてきます。

「じゅるるる……」
「ぐぇぇ…… き、気持ちいい……」
「なんでけいれんしてるの?」
「うぐ、き、気持ちいいからです……」
「苦しいのにびくびくしちゃうんだ~」

気持ちよさと苦しさで
私はじたばたと抵抗しますが、、、

「うぐぇ……」
「なにぐえぐえ言ってるの!」
「く、苦しい……」
「すぐ暴れるんだから…この手は邪魔だから縛ってあげないとね」

さえさんの顔面騎乗

これで動けないね💛

オプションの手枷、足枷で拘束され、
アイマスクで視界もふさがれた私。

今度は、顔面騎乗による
窒息地獄がスタートします。

「いつ乗るかわからないよ~?」
「はぁっ、はぁっ……!」
「まだ乗ってないのに、はぁはぁ言ってる💛」

アイマスクをしているため、
いつお尻が落ちてくるか私にはわかりません。

まだ潰されてもいないのに
息が上がっている私。

そして、じらされた末に、、、

「んぶぅっ……!」
「もう息できないね💛」
「んーっ! んむーっ!」

さえさんの顔面騎乗は、
とにかく柔らかいです。

ヒップの力を抜いた状態で
一番肉厚な部分を押しつけてくるため、
ずぶずぶと私の顔面が埋もれます。

「んぶぶぶぶぶ……!」
「なに?どうしたの?」
「ぷぁっ……! い、息が……!」
「ちゃんと言わないとわかんない」
「むぐぅぅぅぅっ……!」

底なし沼に埋もれるように、
私の顔面が柔らかい女肉に沈んでいきます。

そして、顔面騎乗されながらの手コキで
私のペニスはすぐに限界に近づいてしまいます……

ん~?どうしたの?

「ぷぁ、イ、イっちゃ…… んぶっ!」
「なぁに、ちゃんと言いなさい?」
「ぷぁぁっ、フェラで…… うぷっ!」
「ふふ、なあに?」
「ぷはっ…… はぁ、はぁっ…… さ、最後はフェラでイきたいです……」

すっかり、さえさんの
舌技のとりこになった私。

フィニッシュは顔面騎乗されながらのフェラをお願いしました。

「じゃあ、やってあげる」
「うぅぅぅぅっ……!」

さえさんのフェラは、
柔らかく包みこんでくるような
やさしい刺激を与えてくれます。

私はペニスも敏感で、
激しくフェラされると痛みを感じることもありますが、
さえさんのフェラは上手すぎて全く痛くなかったです。

極上のフェラを受けながら
むっちりとしたお尻に埋もれ、
私はひとたまりもありません。

「んー! んーーーっ!」
「じゅるるるっ……」
「んぶぶぶぶぶぶぶぶ……!」
「ふふ、出ちゃったね💛」

お尻の下で溺れながら、
さえさんの舌技でイキ果てた私。

苦しさと気持ちよさに、
私はイったあとも放心状態です…。

片瀬さえさんとのプレイ~2回戦~

さえさんの前立腺責め

さえさんは、前立腺責めの講師とのこと。
なんと、他の女の子に前立腺責めのやり方を指導しているようです。

せっかくなので、今回は
その技を体験することにしました。

それじゃ、指入れるよ💛

「こっちに足を上げて」
「こ、こうですか・・・?」
「ちーがーうー(笑)」

初めてなので態勢が分からない私ですが、
手ほどきを受けつつお尻に指を挿入されます。

実は、前立腺は以前他の女の子に
やってもらったことはあるのですが、
そのときは指すら入らず……。

しかし、今回はすんなりと指を挿れられました。

もっと力抜かないと痛くなるよ~

「ぐ、うううううっ……」
「どう、ちょっと苦しい?」
「は、はい……うぐぐぐ……」

前立腺責めの初体験が
どんな感覚だったかというと、
少し汚い話ではありますが、

まるでずっとう〇ちを
我慢しているかのような感覚です。

私が力を入れれば入れるほど
お尻の中の異物感が強くなります。

前立腺責めがここまで苦しいものだとは思いませんでした。

「ぐ、うぅぅぅぅぅぅ……」
「ふふ、苦しそうだね💛」
「ご、ごめんなさい、もう無理です……!」

結局、ペニスはビンビンだったものの、
前立腺責めではイくことはできませんでした。

とはいえ、指の挿入に成功して
気持ちいい感覚がわかったのは収穫でした。

前立腺は何度かチャレンジしないと
気持ちよくなるのは難しいとのこと。

また今度、ぜひリベンジしたいです。

今回は気を取り直して、
再び顔面騎乗してもらうことに。

さえさんの顔面騎乗②

また潰しちゃうよ~?

「むぐぅぅぅぅ!」
「苦しいのにこんなに勃ってる💛」

再び、豊満なヒップでの顔面騎乗。
私の顔面が柔らかい尻肉に埋もれてしまいます。

BBWさんのプロフィールでは
さえさんのヒップ周りは113cmとのことです。

しかし、体感では
それよりもずっと大きく感じました。

さえさんの顔面騎乗テクニックによるものかもしれませんが、
まるで130cmくらいのヒップに潰されているかのような苦しさです。

「んぷぁ……っ!」
「なんで勝手に息するの?」
「んぶぶぶぶぶぶ……!」

必死に顔をそむけても、
すぐに上を向かされ、さえさんの尻肉に窒息させられます。

圧力はそこまで高くないにもかかわらず、
むっちりと顔面を覆ってきて、
私はお尻の下で溺れてしまいます。

またイっちゃいそう?

「んぶぅぅぅぅ! んぅぅぅ!」
「じゅるるるる……」
「んぅぅぅぅぅぅ……!」

尻肉に溺れさせながらも、
さえさんは圧迫シックスナインで私のペニスを責めてきます。

巨大なヒップにどっしりと潰され、
私は数分と耐えることもできませんでした。

「む、むぐぅぅぅぅっ……!」
「あんっ……💛」
「んー! んーーーーっ!」
「ふふ、どんどん出てる💛」

柔肉に潰されて窒息しながら、
大量の精液を放ってしまう私。

いとも簡単に、2回イかされてしまいました。

伝説の痴女による
圧迫シックスナインは、
極上の快感でした……。

 

こうして、さえさんとの初プレイは終了。
前評判通り、すばらしいテクニックでした。

さえさんは普段は新大久保店に出勤していますので、
関東在住の方はぜひ一度行ってみることをおすすめします。

>> BBW 新大久保店

 

以上、片瀬さえさんとの体験談でした。
さえさん、どうもありがとうございました!
またぜひ北海道に来て下さい!

-風俗体験談

© 2024 ぽちゃPRESS Powered by AFFINGER5